エクステリア事例
帰ってきたときにほっとする数秒間
  • 種類
    エクステリアリフォーム
  • 地域
    富士宮市貫戸
  • 工期
    3週間
  • 完成年月
    2016年1月
  • ご要望
    ・鬱蒼とした植栽をなんとかしたい。
    ・玄関まわりをリフォームしたい。
  • ポイント
    ・フレームと縦格子で「うち」と「そと」をきちんと区切りました。
    ・夜には照明が昼とは違った表情を創り出してくれます。
    ・天然石のアプローチが年々味わいを増していきます。
  • 受賞歴
    ・タカショー 第7回光の施工例コンテスト 準グランプリ大賞

    ・LIXILエクステリアコンテスト2016 エクステリアリフォーム部門 銀賞

    ・LIXILメンバーズコンテスト2016 リフォーム部門 敢闘賞
"玄関横の鬱蒼とした植栽がお悩みだったS様。
その植栽を撤去するのと合わせて、外空間のゾーニングをきちんと行いました。
パブリック空間からプライベート空間を切り替えるスペースとしてリフォームを行いました。
縦格子とフレームを越えてからはS様ご家族の空間になります。
自然石の曲線のアプローチを歩きながら四季を通じて違う表情を愉しむことができます。灯りに照らされたこの空間は、家族みんながほっとする空間です。
お客様の声
"築35年の我が家は、庭もずっとそのままでした。
木々が伸び放題で、夏になると草取りが大変でした。
5年前に台所、浴室をリフォームしてとっても快適になりました。
今度は外をリフォームしてさらに快適に過ごしたいと思いました。
四季折々愉しめる木々、門をくぐって石畳を歩き玄関へ。
夜になるとオブジェのライトが月の明りのように照らします。
まさに高級料亭です。築35年の家に貫録が出ました。
すてきにリフォームしていただいて感謝感謝です。